最近大流行のインフルエンザ。いつ自分の身にふりかかるかと思うと恐ろしい気持ちでいっぱいでしたが、とうとう夫がインフルエンザになりました。おとといから咳が出ていたので怪しいと思い寝床を別にしていたため、今のところ私は発症していません。昨晩から隣の市にある夫の実家に避難させてもらっています。

 さて、厚労省のHPを調べたところ、「家族にインフルエンザが出てしまったら、妊婦は念のためにかかりつけ医に相談しなさい。」とありました。よくあるパターンです。

さっそく主治医に相談

薬を飲んだ方がいいがここには無い!

 さっそくかかりつけの産科の主治医に相談すると、「(私が通院中の)病院には薬は無いが、総合病院か他の大きな産科を受診して薬を飲んだ方がいい。」とのこと。

なんと!違う病院へ行けと!?

これはレアなケースかも知れませんがこんなこともあるんです。

夫の実家近くの産科は×

 そこで、今度は夫の実家近くの産科に確認しました。すると、初診患者は総合病院するようにと言われました。発症していないとはいえ、インフルエンザの危険性がある初診患者を自分の病院に通う妊婦に近づけたくないのは当然。特に紹介状も無いしそこで産む予定も無い。やはり、総合病院に行くしかないのか・・・。でも、総合病院の待合室なんて病気の巣。昨日はその総合病院に20人のインフルエンザ患者が受診したっていうし確実に2次発症する。

▶ スポンサードリンク

出産予定の産科に相談

 困った私は、以前見学させていただいた手稲区の愛産婦人科に連絡しました。実は、現在通っている産科では分娩の取扱いをしていないため、いずれは他の病院に移る必要があるのです。その際、現在通っている産科からの紹介状をもらってこちらにお世話になる予定です。わらにもすがるような思いで問い合わせて事情を説明するとOKをもらえました。

他の患者さんが少ない時間を指定

 インフルエンザの症状もなく今のところ健康そのものですが、念のため他の患者さんが少ない午後の時間を指定されました。万一のことがあって、他の患者さんに迷惑をかけてはいけませんし、逆にうつされても困ります。できるだけ他人との接触を避ける必要があるのです。

家族がインフルエンザになったら

※妊婦さんはインフルエンザ感染の可能性があるとわかれば、まず通っている産科の主治医に相談しましょう。

※インフルエンザ感染の可能性がある妊婦さんが、タミフル・リレンザ服薬希望のため初めて個人病院にかかるときは、正面から交渉しても多分断られると思います。

※現在発症していないこと、その産院で出産希望なこと、かかりつけ医のすすめでその産院を受診希望であることなど事情を伝えましょう。

※他の患者さんに迷惑がかからないよう、先方の都合のいい時間を相談しましょう。

▶ スポンサードリンク

改めて予防接種を

ワクチンの生産量に限りがある

 夫のインフルエンザから1か月半が経ちました。今となってはかかりつけ医となった愛産婦人科で季節性インフルエンザの予防接種を受けてきました。先月末から予約&接種開始していて、無くなり次第終了するとのことでした。一方、気になる新型インフルエンザ。愛産婦人科では11月2日に予約受付開始、16日から接種開始だそうです。どれだけワクチンが手に入るかはまだわからないらしく、予約したからといっても必ず接種できるわけではないようです。他院で働く知人の医療事務さんに聞いたところ、やはり同じような状況なのだとか。申込みが遅くなってしまったので、当たればラッキー!くらいの気持ちで予約してきました。もし接種できなかったら仕方ない。自分で予防に努めます。これからの季節、ノロウイルス(おなかの風邪)なども流行ってきますので、うがい手洗いには特に気をつけましょう☆

妊婦で優先された!

 2週間後の水曜日に無事新型インフルエンザの予防接種を終えました。妊娠28週(8ヶ月)以降の妊婦は優先して接種できるそうで、予約遅めだった私も受けさせてもらえました。一時期テレビで「地方の病院では消費期限(?)の関係でワクチンが余って捨てることもある」と報道されていたので看護師さんに聞いてみると、ここでは全然そんなことは無くて不足状態とのことでした。最近身の周りで新型インフルエンザにかかったという話を聞きません。やっとおさまったのかな?
 そろそろおなかの風邪も流行ってきそうなので、うがい手洗い食中毒予防など気をつけたいと思います。