格安スマホが話題になって久しいのでいまさらという感じですが、CMでもよく目にするUQモバイルに乗り換えたらものすごく安くなったので紹介します。今となっては、なんでもっと早くに乗り換えておかなかったのかと後悔しています。

きっかけは「スマホ」にしたほうが「安い」という事実

 我が家では通信費を抑えるために携帯電話の機種にもこだわらず、しかも当時としては一番安かったWillcomのPHSにして料金を節約していました。PHSですから圏外になることも多く、ガラケーで使えるインターネットもたかがしれていました。夫は早くからスマホを欲しがっていましたが、職場で格安スマホを使う人が出始めてから再び興味津々でした。

 しかも!ここで衝撃の事実がわかったのです。

お父さんお父さん

旅先でスマホ使えたら楽だろうな。LINEしている友達もいるし、うちもそろそろスマホにしたらどうだろう。

お母さんお母さん

スマホなんてだめよ。月1万円はかかるらしいし。ガラケーなら2人で6,000円くらいで収まるわよ。

お父さんお父さん

最近話題の格安スマホってどうなの。月々2,000円しないらしいよ。

お母さんお母さん

そんなの変よ。だってスマホでしょ?何か裏があるはずよ。あとからお金がかかるとか、大手キャリアとちがって制限が多いとか。じゃなきゃみんな格安スマホにするはずよ。

お父さんお父さん

それが、職場の仲間が格安スマホにしたけど何ら問題ないらしいんだ。ちょっと調べてみようよ。

 我が家では、「ガラケーが安い&スマホは高い」という先入観があり、格安スマホについてはほぼノータッチでした。が、いろいろ調べていくとガラケーよりも安いスマホのプランが実はあったのです。しかも、PHSより電波の範囲は広く、当然インターネット無制限で使えるのです。ガラケーでパケット通信料を気にしていたのがバカバカしいですよね。

 結局SIMフリーのスマホに乗り換えたのですが、この記事では私が不安に思っていたことと、実際どうだったのかということを記事にしてまとめています。まだSIMフリー携帯にしていないなら、今年の家計はこれで一気に節約できますよ。しかも、LINEって便利。いい時代になりました。

LINEでつながる この冬のエピソード

 我が家がスマホに変えたこともあり、スマホユーザーが親戚にも一気に広まりました。そして、若い世代を中心にLINEのグループを作成、お父さん、お母さん、従妹、親戚とつながることができました。遠くに住んでいて年に1回年賀状のやりとりをするくらいのものでしたが、スマホ化したことで距離がグッと縮まり、情報も共有できるし、いろいろな連絡も楽になりました。本当に便利ですね!

格安スマホにするためには何をどうするの?

 「じゃあ、どうするの?お店はどこなの?」っていう話になりました。大手の携帯会社のショップはたくさん見かけますが、格安スマホのショップって見かけませんよね。強いて言えば家電量販店の携帯コーナーで取り扱っているくらい。近くにそういうお店がない人はどうするの?ということです。

お父さんお父さん

ショップに行かなくても、インターネットですべて手続きができるよ!

 携帯電話の手続きを自宅でできるなんて信じられませんでした。携帯ショップで設定してもらうのが当たり前の時代から生きている私にとっては不思議でなりませんでした。電話番号の設定とかどうするのかなって。謎を解くカギはSIMというカードにありました。

SIMの解説

SIMカードには、どの大手携帯会社(NTTドコモ、au、ソフトバンク)を使っているかといった契約情報や、加入者を特定する固有番号などが記録されています。(Wikipediaより)

 つまり、携帯電話そのものにいろいろな設定が記録されているのではなく、SIMというカードに情報が記録されているのです。難しい話をカットすると、①SIMカードを入手して、それが使える②端末に挿せば、普通に使えるスマートフォンができあがるのです。

SIMカードを入手しよう!

 さて、SIMカードを入手しようと思って調べると多種多様なサービスが出てきます。金額的にはそこまで大きな差はありませんがとにかく思っていたよりもかなり安いというのが印象です。月々2,000円以下で収まるプランがたくさんあります。

子ども子ども

通話ができないプランもあるから気をつけて!

 ただ、毎月数百円のデータ通信だけのプランもあります。これは、データ通信だけなので普通の電話としては使えません。電話はLINE電話などで済ますというのならいいのですが、なんだかんだで固定電話に電話をかけることもありますよね。IP電話の050電話も試しましたが若干不安定でした。普通のスマホとして使いたいのなら、通話もできるプランがあるSIMサービスをお勧めします。

迷ったらここがオススメ!

 通話もできるSIMは、調べると本当にたくさんありますし、確かにプランもちょっとずつ違うのですが、私が最終的に絞ったのは次の3つです。

 知名度が高ければ、困ったときにインターネットで対処法を検索しやすいというメリットがあります。みなさんもTVのCMでご覧になったことがあると思います。

UQmobile(au回線)

 夫は美人三姉妹って言っていましたが、あえて私は、ポンキッキーズのガチャピンとムックが出ているCMで有名と書いておきます。

Y!mobile(ソフトバンク回線)

 猫と吉岡里帆さんが出てくるCMで有名です。

楽天モバイル(ドコモネットワーク)

手続きをスムーズにすすめるために

必要な書類等、準備を進めておきましょう。

端末を入手しよう!

 中古のスマホや、家族が使っていた古い端末を使おうという場合は回線に気をつけてください。

子ども子ども

端末によっては、使えるSIM回線が限定されるのよ。

 SIMロック解除という言葉もあるように何でもかんでも使えないということがあります。え?ちょっと不安・・・という方は、端末付きのプランをおすすめします。2年間くらいの縛りはできてしまいますが、端末を別に用意するよりもかなり安くなっています。

それでも端末を自分で用意したいときは

 ネット通販などで端末をさがすときは、「格安SIM対応」とか、「auのSIM対応」とか、SIMの対応状況を確認しましょう。それだけ確認できれば十分です。しつこいですが、不安になったら端末付きのプランです。楽ですし間違いも防げます。それでも毎月2,000円程度ですから本当に安いですよね。びっくりです。

私が使ったのはUQmobile(auネットワーク)

 旦那が多部未華子が好きという理由で決まりました。イラっとしましたが安いからOKしました。サービス的には全く問題ないですし、設定も簡単でした。

妹家族が使ったのはY!mobile(ソフトバンクネットワーク)

 今までソフトバンクを使っていたということと、タブレットPCでデータ通信もしたいということでY!mobileにしたようです。

弟家族が使ったのは楽天モバイル(ドコモネットワーク)

 選べる機種が豊富&楽天のポイントを貯める・使うということで弟家族は「楽天モバイル」を使いました。料金プラン的には差はほとんどなく、やはりなんら不具合もありません。

マイネオというサービスにも注目!

 その後、新たに分かったのですがこのようなサービスもありました。マイネオはau、NTTドコモ、ソフトバンクの回線が選べるという魅力があります。様々なランキングで賞を受賞している注目のサービスです。(リンクについては準備中です)