緊急に汚部屋を片付けなきゃいけなくなった

 もともと片付けが苦手なのに、子どもが4人生まれて、物の置き場所に困っています。うちは一軒家ではないので、収納スペースには限りがあります。苦悩の策で、一室を「開かずの間」として一時的物置に使っていましたが、子どもがこの春に小学校にあがるので、勉強部屋が必要になりました。

 一日に何度も片付けの進み具合を尋ねる長男。大変だ、何とか卒園式までに、少なくても春休み中には部屋を整えないと、親の体裁が保てない。

手っ取り早く片付けるためには捨てるが一番

 やる気はあっても片付けがはかどらない私。片付け本を読んだり収納道具を買いたくなりますが、結局一番手っ取り早いのは物を減らすことなんですよね。片付け下手が見逃してしまいがちな盲点です。

当面の片付け目標

  1. 捨てまくる、増やさない

  2. 片づけ時間が短縮

  3. 片付けストレスから解放される

服と本を減らすと、一気に場所ができると気付いた

 手始めに、まずは部屋の中の物を分析。子どもの作品はできるだけ写真に収めて保存しているのでみかん箱2個分。おもちゃは、リカちゃんハウスやシルバニアファミリーなど大物があるので、みかん箱7個くらい。捨てたいけど親子関係に亀裂が入りそうなので後回し。

 そして、いつか切るかもしれない子供服、本、書類はみかん箱20個くらい。荷物の大半をめていることがわかりました。単純に考えて、これがなければ物置の荷物の3分の2は片付いたことになります。(後日写真を載せます)

 

 なので、手始めに衣服、次に本。かさばるものからどんどん処分することにしました。ひと昔はまでは車でリサイクルショップまで運んだものですが、今の時代、無料で買い取りに来てくれるんですね。うまくいけば翌日に取りに来てくれるので、ごみの日を待つよりももしかしたら早いかも。天気が悪くてもチビがいても安心。片付けもはかどります。(次の記事に続きます)

ブックオフオンライン【PC・携帯共通】
セカンドストリート WEB買取