水遊びができる公園紹介。ウォータースライダーがあるのに、市が管理する公園ですのでなんと無料です。しかも管理スタッフがいるので安心して遊ぶことができます。1,2歳児であれば、屯田西公園よりコンパクトな新琴似二番通公園のほうが安全に遊べそうです。まずは全景をご覧ください。

 屯田西公園より少し南、車では10分もかからない場所に新琴似二番通公園があります。こちらはより住宅街の中にある感じの公園で、屯田西公園と比べるとより近くの人が使っているような印象です。また、ほかの施設も少ないため、にぎわっているのは水遊びのできるこのエリアで、あとは静かな公園という感じです。遊具もありますが、特別に魅力的な何かがあるというわけでもありません。

 さて、小さい子どもが水遊びをするには最適です。屯田西公園よりちょっとコンパクトな作りですので、大きいところだと怖いという子どもはこちらがオススメです。また、上るところが階段でないのもここの特徴です。屯田西公園は階段です。

階段ではなくスロープ

ストレートの長いすべり台

 足から滑るもよし、頭から突っ込むもよし。長男は大喜びです。1歳になったばかりの三女は兄ちゃん、姉ちゃんを見て「私にもできる!」とチャレンジしようとしています。目が離せません。

私も入る!

 このままドボンと落ちてしまいそうですが、落ちそうで落ちません。もちろん、いつでも救助できるように手を添えています。好奇心旺盛な1歳児です。

更衣室はありません

 シャワーはありますが、更衣室はありません。その場で着替えたり、近くの芝生にワンタッチテントを置いて着替えたりしていました。赤ちゃんのうちはその場でいいと思いますが、女児ぐらいになるとタオルを巻くなり、簡易テントを使うなりして着替えた方がいいかもしれませんね。それが目当てで来る人がいても嫌ですから。

 ここから車で10分ほどの屯田西公園は更衣室完備です。

ポップアップテントが人気

 今年、公園でよく見かけたのは折りたたんで使えるタイプのワンタッチテントです。手ごろなサイズなら数千円で手に入ります。気をつけなければいけないのは、屋根だけのタイプもたくさんあることです。着替えるのにも使えるようにするのならフルクローズタイプですし、大人も一緒に入るのなら少し大きめの方が疲れません。畳んだ時のサイズってそんなには変わらないものです。

公園情報・アクセス

◎公園名称:新琴似二番通公園(しんことに にばんどおりこうえん)

◎所在地:北海道札幌市北区新琴似3条8~9

◎利用期間:7月第1日曜日~8月第4日曜日(50日間、定休日なし)

◎利用時間:9:00~16:00

利用時の約束

 みんなで楽しく使う公園です。約束事もありますのでご注意ください。「おむつの取れていないお子様も利用可能」です。しかし、汚物混入の事故が発生した過去があります。汚物が混入するとおそらく利用が停止され、清掃、水質検査など多大な迷惑がかかると思われます。小さい子をもつ親としては明日は我が身。恐ろしいですね。

  • 水着着用でご利用下さい。
  • 大きな浮き輪・ボート・ボール等はご遠慮下さい。
  • おもちゃの持込み可ですが、利用者の迷惑にならない様にお子様を監視して下さい。
  • おむつご利用の乳幼児はガードできる水着等着用してご利用下さい。

周辺の様子

 にぎやかな公園の周りはかなり静か。パークゴルフ場も隣接してますが…

 トイレは駐車場の近くまで行けばあります。住宅街ですが、あまり人の目が届かないので小さな子どもだけでは行かせられない感じです。設備自体はきれいでした。