まず、LNGって何さ?ということを簡単にまとめますと、LNGは、天然ガスを-162℃まで冷却して液体にしたものです。600分の1まで縮めて運搬できるので、単純計算でも1回のタンカー輸送で600回分、タンク1個見たら600倍の大きさを想像すればよいわけです。とてつもないビッグサイズですよね。

さらに、天然ガスは石油や石炭などと比べて、燃焼時の二酸化炭素の排出量が少なく、液化する過程で不純物が取り除かれるため、燃焼時、硫黄酸化物やばい煙は発生しません。クリーンですね。また、タンカーや輸送車が事故にあっても、空気に触れるとすぐに気化し、上方へ拡散してしまいます。空気中の水蒸気が冷やされて霧状になり確認しやすくなります。下の写真は、昨年見学に行った時に撮影したものです。

DSC_7446 image

北海道ガス株式会社:石狩LNG基地見学ツアーのご案内

DSC_7393?DSC_7519

さて、今回のめあてはLNGタンカー。家から入港しているのが見えたので、近くに行って見てみました。しかも運良く出航のタイミング。良い写真が撮れました。

image

 

LNGタンカー エネルギー アドバンス/ENERGY ADVANCE

四隻ほどの船が引っ張って、港内で船を転回させていました。

DSC_2812 DSC_2808

DSC_2815

これは相当でかい。ガスタンカー(LNG) エネルギー アドバンス(東京ガス) 290m。

DSC_2842DSC_2833

DSC_2836

DSC_2830DSC_2821

型幅49m! タンク容量145,410?! 航海速力19.5ノット

いざ出航という時に水上バイクが手前を通過。手前と言っても距離は結構ありました。

さて、そのタンカーは今どこにいるのか。船のライブ情報。

ライブ船舶マップ -AIS- 船舶動静ならびに船舶位置 – AIS Marine Traffic

情報をキャッチできないエリアがあるらしく、時々消えてしまいます。これによると、行き先はJP ANEで千葉県姉ヶ崎、入港予定は8月19日 12時45分ということがわかります。すごくゆっくりですので、明日朝には津軽海峡、2日かけてゆっくり南下し、19日に入港ということでしょうか。これだけ大きいと港に入ってから着岸までに相当時間がかかりそうですね。

image

(文責:たけ)