hukutuu

  子どもが多い我が家では、1人が病気をしたら次々と感染し、うっかりすると大人もダウンしてしまいます。特にノロウイルス、ロタウイルスなど感染力の高い胃腸炎には本当に気を遣います。一日に何度も下痢とおう吐をし続ける家族の世話ってものすごく辛いです。病院に連れていくのも一苦労だし、炊事をするにも感染源になりそうで嫌な気持ちですよね。
 そこで、乳幼児がいる家庭で役に立つ胃腸炎対策の常備薬と便利グッズについてまとめました。

常備薬

新ビオフェルミンS細粒

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ヒトにはヒトの乳酸菌で有名なビオフェルミン。なんと生後3か月から大人まで使えます(注 細粒のみ。粒タイプは赤ちゃんは×)。即効性は無いようですが、おだやかにおなかの調子を整える作用があり、胃腸炎の予防的にも効果が期待できるようです。ノロ、ロタウイルスのときに病院にかかった時も、病院で処方されました。わが家では、家族の誰かが胃腸炎になったり、なんとなくおなかが緩いときに飲みます。1つ手元にあると安心です。
ところでこの細粒。なかなか近所の薬局においておらず、私はネットで買っています。粒タイプ)はどの薬局でも売ってるんですけど、なぜでしょうね。

正露丸

 下痢、腹痛といえば正露丸!おじいちゃんもおばあちゃんも若い頃から飲んでいる正露丸!なんと100年以上前から製品があるそうです。症状が出てしまったらこちらに頼りましょう。
こちらは5歳未満の子どもは×、妊婦は○だそうです。

注目の対策グッズ

塩素不使用の洗剤

 ノロウイルスはアルコールや高温に対する耐性があるので、適切に対処するには「強力な除菌効果のある次亜塩素酸水」などで綺麗に拭き取ることが望ましいそうです。塩素系の洗剤ってなんとなく怖いから使いたくないなと思ったのですが、調べてみると台所で使いやすい食品添加物配合の洗剤が販売されているんですね。びっくり!塩素系だと家具や衣服の色あせや痛みが心配で使いづらかったのですが、これならどこでも気軽に使えますね♪

塩素系の洗剤、掃除グッズ

 やっぱり塩素系の方が安心できる!という方向けです。手袋やマスクなど一通りの処理道具がそろっているクイックパックというのも気になりますね。