いくら醤油漬けの話の続きです。明日のオフ会に備えてイクラ漬け第2弾をつくりました。なまら北海道だべさは、できるだけ安くおいしく楽しむことがモットーなので、手作りが一番です。明日のオフ会は、一人800円でいくら丼お代わり自由、いくらをのせ放題&食べ放題です。もちろん、そのほかに焼き鮭やサーモンを使ったメニューもたくさん用意しています。
 さて、近くのスーパーで生すじこを購入。今日は1kg買って来ました。みんなで食べるならこれぐらいはないとね。いくらの醤油漬けの作り方はとても簡単です。

①すじこを買って来る

②40℃くらいのぬるま湯にいれてすばやくバラバラにする。
 このとき、無理に筋をちぎらないで、内側から押し出すようにやるとうまくいきます。秘密のケンミンショーでやっていた網は犠牲も結構出るのでうちでは使いません。全体的に薄い膜で包まれているので、どこかを破いてそこから出すほうが犠牲も少なくたくさん取り出せます。

③すばやく塩水に移し変える。

④残った筋や残念なことにつぶれたいくらのかわを取り除く。
(やりすぎると犠牲が増えます)

⑤醤油漬けのタレに浸し、冷蔵します。

 タレの作り方はお好みでいいと思いますが、今年は市販のものでやってみました。ここも手作りでやれば若干コストは落とせるかも知れませんね。

 こんなビッグサイズを購入。大勢集まるからできますね。 まずはすじこをバラバラに。
いくらを包んでいた筋です。こんなきれいに取れると快感。 塩水で洗ったら醤油漬けのタレに浸します。
冷えてくると色も鮮やかに。 なかなか良い感じでしょう。
昨日の分と合わせて、冷蔵庫2段になりました。さあ、召し上がれ!
?

買ったら7500円以上。やはり高級品です。