昨日、愛産婦人科で行われていた両親クラスに行ってきました。予定日まで1ヶ月を切っているこの時期にきて初めてこのようなものに参加しました。12組ほどのご夫婦がいらっしゃって(んー。この人数が先週の新年会の時には我が家に入ったと思うと)先生や看護師さん、助産師さんのお話を伺いました。
 自己紹介では、父親は「妻が妊娠してからやっていること」。母親は「うれしかったこと」を入れるというお題でした。
  内容は、
   1、重いものを持つ
   2、料理をする
   3、掃除をする
   4、妻のつめをきる
   5、靴下をはかせる
   6、怒らせないようにする
   7、いわれたことをする
   8、おなかに向かって読み聞かせをする
 など様々でした。ちなみに、私の話したものもこの中に入っています。周りのお父さん方の話を聞いて、「ほほ~」と思うこともけっこうありました。みんな、なんだかんだ言って結構やっているのね。
 病院側のお話の内容は、立会い出産について、自己紹介、出産直後の妊婦さんの体験談、産婦人科内のツアー。分娩室の様子。産み方でした。特に、産み方は看護師さんが分娩台に乗って体を張って説明してくれたのでわかりやすかったのですが、お姉さん、そんな・・・。と2人で驚いてしまいました。よくわかりました。陣痛の続く時間が平均16時間だそうです。それを聞いた私はすぐに、「北斗星で上野までいけるね!」とさやかに言ってしまいました。それはそれは大変ですね。

 さて、生まれるまで1ヶ月をきりました。ここまできても、私(たけ)は「生まれるんだなぁ」という感じです。おなかも大きいのでわかってはいるんですけどね。さやさんはどんな気持ちなんでしょう。ここからはバトンタッチです。

さやです。
年末年始から急激におなかが大きくなり、ずっしりしてきました。
今日で臨月に入り、来週以降ならいつ産まれてもいいそうです。
まだまだ準備しておきたいことがあるので、ちょっと焦っています。
重いし苦しい走れないし、おなかをけられて痛い毎日ですが、それもまた幸せで…。
さっき知人のおっちゃんに「ここまできたら早く産みたいでしょ?」なんて言われましたが、もうちょっと妊婦気分を味わっていたいように思います。