P1080059

 

札幌市の郵便局でデコポンが詰め放題

 先日こんな折り込みチラシが入っていました。なんと郵便局でデコポン詰め放題!880円!少なくとも8個くらいは入ります、とのこと。北海道ではデコポンは高級品で、特売で小玉4個498円くらいです。これはお得だと思い、初日の開店15分後に並んできました。並んでビックリ、既に先客がずらっといて、30分待ってやっと詰め放題にたどり着きました。

詰め放題1回目の結果は?

必死にビニールに詰め込んだ結果がコチラ↓

P1080133

 こんなにツヤツヤしておいしそうなデコポンを11個勝ち取りました♪1個当たり80円也。
実際に使ったビニール袋はこんなに小さかったんですよ↓

P1080136

 絶対入るわけないと思たのですが、ビニール袋の口は閉まらなくても手で持ち上げられたらOKというルールだったようで、意外と入りました。

デコポン詰め放題のコツを店員さんに聞いてみた

 北海道ではじゃがいも、にんじん、たまねぎ、みかんの詰め放題は一般的ですが、デコポンは初めてです。熊本県から来たカワイイ店員さん(お姉さん)にコツを聞いてみました。私が実際にやってみて分かったコツも交えてまとめます。

ビニール袋の下には小玉を入れ、大玉は上に無理やりのっける

 ビニール袋の下のほうってあまり伸びないので、袋をもらったら手で温めて伸びやすくし、小玉をいれてさらにグイグイ伸ばして詰め込み、てっぺんに大物をこれでもかってくらいのっけるのがいいようです。ビニール袋の口を閉めなきゃいけない場合は違うのでしょうが、閉まらなくてもOKなら有効な技ですね!

デコポンの味はデコっぷりや大きさに比例しない

 デコポンの味って大きさやデコっぷりに比例するわけではないそうです。大振りがいいのか小振りがいいのかは好みの問題ですね。デコポンって甘夏ほど皮は厚くないしむきやすいので、小振りでも問題なし。子だくさんの我が家は小玉、そして詰め放題のじゃまになるデコが出てないのをたくさん選ぶことにしました。

隙間にデコを上手く差し込み、無駄な空間を無くす

 詰め放題において結構デコっておじゃまなんです。下手するとビニールが破ける原因にもなります。そこで私はデコはなるべく内側に向けて、隙間に差し込むようにして並べることにしました。

店員さんが忙しそうな時を狙う

 今回の詰め放題は、熊本から出張してきた店員さんが、品出し、接客、会計、アンケート回収を1人で全てこなしており、初日はものすごく忙しそうでした。申し訳ないけどそんな忙しい時を狙えば、ギリギリアウトな盛り付けもOKしてくれるように思います。
 

コツを活かして再挑戦、結果は?

 翌日、再挑戦してきました。結果はご覧のとおり。

P1080177

 前回11個だったのが、今回は14個も入りました。3個増えました♪前回よりは小振りでデコが少ないですね。皮が痛んで見えるのは、詰め放題の袋に入れたまま1晩明けて写真を撮ったからです。ああ、デコポンも結構なダメージをくらっていたんですね。早く袋から出してあげればよかった。

たくさんもらったお裾分けをしましょう 

 ちょっと強引に獲得したデコポン合計25個。どれもとてもおいしく、スーパーで売っているものとは一味違う気がしました。おそらく赤字覚悟で大盤振る舞いしてくれたデコポン屋さんに感謝して、近所におすそ分けしました。もちろん「郵便局でイベントがあって~」と宣伝も忘れずに。

食べ終わった皮の利用法は?

 掃除、ジャム、お風呂などいろいろ使えるようですが、私は一番簡単なお風呂にしました。皮はなるべく乾かして、排水ネットを二重にして縛ってお風呂に入れました。いいにおいで子どもたちも大喜び、体もホカホカでした。

今後のデコポン詰め放題イベント情報

 ホームページを調べましたら、3月まで北海道や東北各地を回ってイベントをするようですね。もし詰め放題に参加することがあれば、先ほどのコツを思い出してみてくださいね。

おいしいあんしん果宝堂
対面販売のご案内